和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
GoTo「トラベル」期間延長へ?
2020年10月29日 (木) | 編集 |
GoToトラベルは1月末まで、予算が無くなったらそれまででも終了しちゃうよっ。ってハナシだったのが。

GoTo「トラベル」、来年1月末の期限延長へ

どうもGWの大型連休まで延長しましょ、って流れになってきたみたいです。瀕死の状態だった観光産業が息を吹き返してきてるのは地元の白浜なんかの街の様子をみても明らか。それは良かったし、ぼくも慎ましく出張の安宿利用で助かってる。(^^)

GoToイートのほうではトリキ錬金術だの、無限くら寿司だの話題になってますがついて行けず(笑)。 しかしあれだね、また給付金の噂なんかもあるけど。。ほんとに国庫はだいじょうぶなん?(@_@;) ちょっと心配になるよね。

内閣官房参与に就任した経済学者の高橋洋一氏は、国債の発行は日本銀行が引き受けてる限りまったく心配ない。とおっしゃる、たしかに政府は日銀に金利を払うんだけどそれは形を変えて国庫に戻される仕組みになっていて、インフレが起こるほどだと問題だけどこの非常時に200兆円くらいまでならだいじょうぶ。と。

ほんまならちょっと安心だけど、同じ内閣官房参与や与党や財務方にはコロナ特別税が必要とかなんとか言ってる人も居て(ほんとに増税なんかしたらとんでもない事になると思うが)国策がどう動いていくのか注目です。


 『お薦めドッグフードはこちら!』
シャンプーエリア内、フード配達いたします。

いつも見てるよ!って
皆さま、ありがとう。

 ランキングUP!
ここをポチッとお願いします!(*^^*)

  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
国債の考え方なんですが
国債は政府が購入者に金利を払うわけではありません

国債の考え方は

何年もの国債といいますが、
例えば 5年ものの国債を考えた場合

政府は5年後に100万円を保証する国債をたった今販売します

     ↓

この国債を入札で販売します

     ↓

例えば A銀行は 95万円
    B銀行は 97万円
と入札します

     ↓

そこから金利を逆算しているわけです
上の例でいえば 当然 97万円で決定です

     ↓

さらに、これでおわりではありません
この97万円で買った国債を 5年たたずに市場で販売することもできます

     ↓

よほど困っていなければ 97万円で売らずそれより高い値段でうるわけです

     ↓

そうすると さらに金利の計算がかわります



実は国債は金利という概念ではないということを国民のほとんどが理解していないのです
2020/10/31(土) 22:14:02 | URL | とおりすがーり #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ふむふむ。だから国債の暴落ということも起こるんですね。信用が落ちると売買価格も安くなっちゃう。

日銀が引き受ける場合はまたちゃうんですよね?ずっと持っときゃいいわけで~。
2020/11/02(月) 08:24:01 | URL | だっちん@店長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック