和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
コンプライアンスってなんやねん。
2019年03月06日 (水) | 編集 |
今日はふと、思いを巡らせることがあった。 あれ?なんか風景が変わってるぞ、ここにコンビニあったのに。。

何度か利用したことのあるコンビニは『管理物件』と貼っているだけで元々のそのコンビニチェーンの看板やイメージカラーに至るまで綺麗さっぱり取り去られていた。。まるで”その時”にはさっと外せるようになっているかのように。。オーナーが居ただろうに今はどうしているんだろうか、と。。

また夕刻に寄ったコンビニではお客さんけっこう入ってるにも関わらず店員さんはひとりきり、その店員さんは外国人だ。慣れてなさそうやのにワンオペで捌くのは大変やろなあ。

レジで商品を通し、クレカで決済して。『アリガトーゴザイマシタ』。。

カウンターにそのまんま置かれた商品。。

あ、温めなくて良いという意味で ”そのままで~”と言ったせいなのか。(笑)

”ごめんね、袋へ入れて~。” 

思わず笑ってしまった。 自分に置き換えたら、慣れない異国で働いて学ぼうというひとには尊敬こそすれ文句なんぞ言うべきではないだろう。しかし人手不足はほんと深刻なんだなあ。。

24時間

契約をタテにどうあっても24時間営業を押し通すコンビニ本部と人手不足で夜間の営業をやめたコンビニオーナーとの戦いがニュースになっていた。普通でいったらまさしくアリと象で勝負にならないが世論を味方につけたオーナーは健闘を見せているようだ。

自由を夢見て脱サラするんだろうし、生殺与奪権を他人に握られているのに耐えられないから独立するんだよね。

営業時間も休日も売価も自分ではなにも決められないのに労働基準法の外に置かれたオーナーとその家族はとんでもない長時間労働を強いられる。もうダメだから辞めたいと言ったらとんでもない違約金を請求されるのでいよいよどうしようもなくなるまで辞めるに辞められない。とうに飽和状態になったコンビニに参入していいのはいい場所に自前の土地を持ってて資金もたっぷりある実業家や法人だけです。 サラリーマンが加盟金をなんとか工面してやっちゃいけない。

大手企業、名のしれた上場企業は悪いことや間違ったことはしないだろう。と思うのは幻想やと思う。コンプライアンスなんていうのは法に触れることはしないよって意味であってそれ以外のコトは利益を追求するためにはやるよってことだ。家賃保証します、といってちょっとばかり土地を持ってる素人に借金させてアパートを建てさせるのもそんな匂いがする。

彼らは海千山千、商売の素人なんぞ赤子の手をひねるよりも容易かろう。。ただ時代はSNSやネットで世論が作られる、ビジネスは継続可能なWin-Winに立ち返らなきゃ許されなくなってるよ。


 『お薦めドッグフードはこちら!』
シャンプーエリア内、フード配達いたします。
 
 ランキングUP!にご協力ください!(*^^*)
   にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
学校を卒業してとある営業の仕事につきました。
そこはスーパーではありませんでしたが、研修のときにとあるごとに出てきた企業の名前それはイトーヨーカドーでした。そのときは知りませんでしたが、この会社のとんでもない企業努力に驚いたのは自分が独立するために数々の勉強をした中で学んだことです。
 現在の仕事はほどほどに時間があるのでコンビニほど忙しくないと思いますが・・・・・基本的に楽しい原則ですので時間はそれほど気にしないというのは、だっちんさんも同じでしょう。
 私はこの事件で不思議だと思うことが1つ。
誰かが頼んだわけでもないのにオーナーが契約しことです。
 これって逆に考えれば、我々もフードメーカーと契約をすることがあります。中には1か月あたりのノルマもあったりしますよね。
 このノルマをさらにメーカーが勝手に契約変更せずにノルマを増やしてもいいということになりますよね。
 契約というのは主本主義社会の原点です。法律です。それを勝手に変えるなんていいわけはありません。
 もとからセブンを知っている人は知っていることですが、24時間がベストであるなんて思ってはいません。もともと24時間営業はオーナーの営業機会の拡大のためなのです。
 24時間営業を支援するために当初は100万円の奨励金を加算しています。現在はいくらかはしりません。もしFCが言うようにお客が少くオーナーの利益にならないのならセブン本体はこの100万円を止めて本体の利益になるのです。もともとの狙いは、あそこに24時間営業のセブンがあるという無意識の心理を顧客に構築するために行う本部の奨励金制度であったのです。すかいらーくが一律の金額、どこでも同じメニュー、を提供し、行楽地に行っても看板を見れば安心してすかいらーくに入れるようにした作戦と一緒なのです。
 そんな話は一切しらない素人が面白い言いがかりをしているのによくまともにセブンは相手にしているのに頭が下がる思いですよ。
 本気でセブンが24時間営業を止めるならぜひセブンの株を買うべきでしょうね。100万円の奨励金がなくなれば1000店舗が止めただけでも10億円利益が増えますから。
2019/03/06(水) 23:19:51 | URL | とおりすがーり #-[ 編集]
Re: タイトルなし
う~ん、なんとも言えない、シンプルに脱サラにコンビニを選んだ情弱ぶりが主要因。と言ったらキツすぎるんかなあ。。

このごろ仕事量多すぎて”楽しい”薄くなってる気がします。。開業当初、大型犬の依頼が無いと相談したときいずれ出てきましよと言ってくれましたよね。 大型が重なるとキツイす。なんていうのは贅沢やよねえ。(^_^;)
2019/03/12(火) 21:04:58 | URL | だっちん@店長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック