和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
文旦
2017年04月19日 (水) | 編集 |


土佐の文旦。をいただいた。(^O^)

この文旦(ぶんたん)という果物に何故シンパシーを感じるのかと思ったら。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西郷はおそろしいほどの肥満であった(中略

・・食後に、大きな文旦が三つも出た。
「おお、大きな文旦でごわすな。ひとつ頂きもす」
ぺろりと食べ、食べおわるとまたとり上げて食べ、
ついに三つめをむきはじめたときはわれながらおかしかったとみえて、
「なにぶん、こんな体でごわすからな。
 着物も一反では足りもはん。酒は飲みもはんが、
 食べ物はたくさん食べもす。
 ふとか(大きい)のも牛や馬ならよかでごわすが、
 人間としては損でごわすなぁ。
 しかし沢山食べるからといって、
 イヤシヤゴロ(食べ物に卑しい人)でごわせんなぁ、
 ごちそうを食べながらコマゴト(不平)を申す者が、
 イヤシヤゴロでごわすなぁ。」
と、ぶつぶつ言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


むかし何度も何度も読み返した小説 『竜馬がゆく』 のなかで西郷隆盛の人柄が伺える一節だ。

これゆえに、文旦というものに惹かれていたんだな。来年の大河ドラマ ”西郷(せご)どん”では描かれるのだろうか、司馬さんの創作だとしたらそれはないなあ。 

独特の香りがしておいしゅうございました。 あ゛ これはみかん君ママが とき君にってくれたもの、遊んでもらったときにたらふく食べたらしい、贅沢なやっちゃ。 こちとらスーパーで文旦欲しいって言ったら高いから駄目!って言われたというのに(笑) とき君のおすそいただきますね。(^_^;)




かたやシロちゃんちでいただいたのがデコポン、なんと甘いわ~。皆さま、ありがとうございます。


              ここをポチッ、とお願いしまふ。(*^^*)
                  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック