和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
灼熱の五輪
2016年09月29日 (木) | 編集 |
先のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックは懸念していた治安上の大きな事件もなく、日本選手団も大活躍で良かったよかった!

がぜん、四年後2020年の 『TOKYO』 に向けて意識が高まる訳ですが、膨大に膨れ上がる予算の問題などいろいろと騒いでますなあ。。さらに、テレビや新聞ではあまり触れられない問題がもうひとつあるのをご存知ですか?

この開催日程を見てください。

2020年 東京五輪  7月24日から8月9日(予定)

高温多湿のニッポンの真夏それもいちばん暑い時期。まして今年のような(あるいはそれ以上の)酷暑だったらマラソンなんぞやってどうすんの? 特に涼しい地域から来た選手たちは大丈夫なのだろうか。1964年の東京大会はご存知のように10月10日(記念して体育の日になった)から始まったので快適であったろう。 新国立競技場は予算の関係で空調なしとか言っていたけど8万人の大観衆の安全は守れるのか?

マラソン

なんでそんなアフォな時期に開催すんのよ!?

最大の儲かり市場、アメリカのテレビの視聴率のため。なんだと。(@_@) 秋になっちゃうとメジャーリーグは優勝争いのポストシーズンにはいるしNBAプロバスケットボールも開幕する。その前にオリンピック中継をやったほうが視聴率が取れるのだ。視聴率に応じて放映権料が変動するらしい。

もろに商業目的やん。

東京五輪組織委・森喜朗会長 暑さ対策でサマータイム導入提案 祝日変更も

じーさんはサマータイムを導入したらなんて言ってるけど、熱帯夜は年々長期化してるのだ文字通り焼け石に水? アフリカから来た人が音を上げて帰国してしまうというニッポンの酷暑をなめてはいけない。経済優先で人の命を危険にさらすのってどうよ?ある意味リオの治安よりも怖いかも。。

いまからなら遅くはないぞ、開催国から声を上げて、もうちょい涼しい時期にしましょうよ、秋は台風のこともあるし春がええと思うぞ。


              ここをポチッ、とお願いしまふ。(*^^*)
                  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック