和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
”あけっぱ” はダメよ。
2016年07月08日 (金) | 編集 |
わりと重いアレルギーだったわんちゃん、いろんなフードを試してみて、かなり改善した喜んでいたのですが、この頃はなぜかまたコンディションが良くない。皮膚がベタベタしてるし痒みもまた強くなったようだ。

そんな時、飼い主さんが留守のときシャンプーするため部屋のなかに迎えにいくと。
(信頼関係ですね、ありがたや。)

はうっ。(@_@;)  

ドッグフード


ドッグフードの袋が大口を開けたまま、突っ立ってるではないですかっ!。。

ニオイを嗅いだら、しっかり”酸化”してしまっている。原因はコレだ~。 酸化=毒 なのです。酸化してるとまったく受け付けなくなるワンちゃんが多いですが、なかには我慢して食べちゃう子もいるんです。もったいないですが飼い主さんにお願いしてこの袋は廃棄してもらい新しいものにしてもらいました。

ドッグフードは保存食ではありますが、空気にふれたままでは酸化します。

・陽の当たらない比較的涼しい場所で保管する。

・開封後は毎回しっかり封をする。
 (さらにフードコンテナに入れるのも効果的)

・タッパーに一週間分くらいを小分けして袋を開け閉めする回数を少なく。

・安いからと無茶な大袋を買わない
 (小型犬1頭なのに8キロとか、意外と多いんです)


良いフード粗悪フードとか以前に酸化させたら全て毒です。というお話し。開封したときのニオイを覚えておきましょう、お皿に入れて数日ほったらかしたフードを嗅いで見る実験をしてみたら酸化したニオイがどんなモンかわかります。

愛犬には良いフードをいい状態で。あとのリスクを考えるとそれがもっとも安上がりだと僕は思っています。


              ここをポチッ、とお願いしまふ。(*^^*)
                  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック