和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
肝心要は脂です
2015年12月20日 (日) | 編集 |


まりやちゃん、一回目のシャンプーから泡があわあわ~っ。(*´∀`*)

以前は一回目は泡立ちにくかったんです、だからハーブ・シャンプーの前に洗浄力の強いクレンジングシャンプーで脂を落とす必要があったのです。 以前とナニが変わったのでしょう?

それは、ドッグフードをチェンジしたんです。 ママさんに説明したところ、すぐにご理解いただいたおかげです。

ドッグフードを選ぶ基準はいろいろありますが、ボクがもっとも重視するのは、『動物性脂肪』(もしくは動物性油脂)を使っていないこと。安価すぎるフードはもちろん、残念なことに広告費用ばかりかけて肝心の材料を抑えている比較的高価なフードにも使われています。。

”レンダリング フード” などのキーワードで検索するといろんな情報が出てきます、雑多な動物から作られた肉骨粉から作られるようですが犬や猫が使われていないとも限らないなどというおぞましい話もあります。少なくとも何の動物かわからない脂をボクは食べさせたくはありません。そんな脂を保管、製造段階で酸化させないように管理ができているとも思えません。

事実、そういうフードを食べている子は耳が異常に汚れていたり、きな臭いような体臭がする。それからベトベトと被毛がオイリーなことが多いのです。 最低限、1キロあたり1000円UPのフードを食べて欲しい。肉主体の材料が乾燥していてそんなに安くできるはずがないんです。。でも他頭飼いや大型犬の場合は消費量が多くて大変ですね。

そこで大きな文字では書けないけれど(笑) 業務量の大袋、いわゆるブリーダーフードがおすすめ。ちゃんとしたプレミアム・フードが1キロあたり400円台~600円台で利用が可能です。ただある程度の消費量がないと品質管理できないので大型犬や多頭飼い、仲間内でシェアするなどでないといけません。 円安傾向でドッグフードは値上がりが続いていますがなんとか愛犬のためにいいモノを与えてあげてください。 

ジャーキーやビスケットなどの色とりどりのオヤツの常備在庫はたっぷり、でもフードは安価な低品質のもの。ってのが一番あかんパターンです。オヤツも怖いものが多いですし、必ずしも必要なものではありません、その分の予算で少しでも良いフードで愛犬を健康にラクにしてあげて!


               毎日ポチッ、でだっちんヨロコブ!
                  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                    にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック