和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
子猫をたすけて。
2015年11月17日 (火) | 編集 |
殺処分される猫の8割ちかくは生まれたばかりの幼い子猫だという。。

猫殺処分


ノラ猫にゴハンだけあげて満足しているひと、避妊去勢手術なんて自然じゃない、お金かかるし。。って言ってる人。減ったとはいえ全国で10万頭の猫、3万頭近くの犬が処分されている現実を知ってほしい。目を背けず直視したらそんなことは言えないと思うのです。

猫殺処分の現場、78%が子猫の理由は 対策のカギは不妊去勢

生まれてもちゃんと里親を探すからだいじょうぶ。。でもそのぶん猫たちの”生きるための枠”を奪ってしまうことになるのではないでしょうか。それに僕はイヌ・ネコの自家繁殖をあまりおすすめしたくはありません、もし奇形だったり障害を持った子が生まれたらどうします? プロのように”割り切る”ことができますか?(どう割り切るのかは書きたくない。。)  それかピーちゃんのお父さんみたいに生に対して責任をまっとうすることができますか?

可哀想な命を増やさないこと、が肝要です。


               応援ポチッと!ひとつよろしゅうに。
                  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                    にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック