和歌山で営業するわんちゃんのシャンプー屋さんです。 初めて出会ったわんちゃんの画像やエピソード、日々つれづれをアップしていきます。
繁栄の秘密
2021年02月28日 (日) | 編集 |
人類の進化

この図を覚えていますか? 教科書に載ってましたよね~。 木から降りた猿のグループが草原で暮らし始め、空いた手で道具を使いはじめた事で脳が発達し、原人からやがて現生人類へと進化していった。。というあれ、でもねそれは・・

”嘘でした~!(^_^;)”

チンパンジーなどの猿とヒトはそれぞれ別に進化した事がわかってきました。原人から順に進化したわけではなくて。クロマニヨン人、ジャワ原人などもヒトとしてそれぞれ別の種として存在し、多くが淘汰されたうえで最終的に生き残って現在の地球で繁栄を極めているのが現生人類、いわゆるホモサピエンスなのだそうだ。

このごろ別の件でも話題になっていたネアンデルタール人は4万年から3万年くらい前まではホモサピエンスと同じ時代を生きていたことがわかっています。ネアンデルタール人。彼ら彼女らはホモサピエンスよりも体格が大きくて脳の容量も大きかった。。個々の戦闘力や知力ではホモサピエンスよりも優れていて我々の先祖は小さくなって隅っこでなんとか生きていた。らしいのです。

ネアンデルタール人

ネアンデルタール人と混血した遺伝子を多く持つ人種、地域にCOVID-19の被害が大きいという説も・・

では何故彼らが絶滅して我々ホモサピエンスが生き残ったのか、彼らが持っていなくて我々が手に入れた能力とは?

嘘をつくこと。(笑)

え゛え゛~!!\(◎o◎)/! なんなんそれ。

ふふっ、別の言い方をすれば、”信じるチカラ”と言うこともできるかな。

他のヒト類が自分で見たもの確かめたものしか信じない。というのに対して僕たちの祖先は。”となり村の○△は素手で虎を倒せるらしい”という噂を信じた。その人は”精霊の言葉を語ってくれる。”とかなんとかも信じちゃう。あのひとに俺は付いていくぜ!みたいな。(笑) で、個々の能力は高いが小さな単位でしか暮らしていない他のヒトに比べて大きなコミュニティを作り上げたホモ・サピエンス。

なるほど~。抗争においても有利だし、他の個体の経験した事柄も信じたとしたならばそれもチカラになるはず。いずれこの模様は○△と言う意味だよ、ってんで文字を信じたから世代を超えた”知”を蓄積し。この石は食べ物と交換できるんだぜ!みたいな感じで”おカネ”も発明した?

すると現生人類の反映はウをつく力、もとい。”信じるチカラ”によって生み出された。ってことだよね。

いまこの世界も色々と信じられない事が続いているけれど、ここはやはり信じてみようじゃないか。なんて思えたら良いよな。ってお話でした。


 『お薦めドッグフードはこちら!』
シャンプーエリア内、フード配達いたします。

いつも見てるよ!って
皆さま、ありがとう。

 ランキングUP!
ここをポチッとお願いします!(*^^*)

  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
                     にほんブログ村